空芯コイル

空芯コイルとは?

空芯コイルとは、電線を円筒形に巻き、円筒の中に何も入れない状態、もしくはベークライトなどの非磁性体で電線を保持するコイルのことをいいます。
耐電力が大きく、インダクタンスが小さいため、コアコイルに見られる高周波でのコア損失がほとんどないことから、主に高周波用に用いられます。
弊社では、マイクロ電子社製の空芯コイルを取り扱っております。

特徴
少量からでもインダクタンスを測って納入が可能
安定供給でき、測定した製品を公差内での継続納入が出来ます
治具の作成が可能
測定結果を提出可能
国内工場で製造
半田については鉛フリー半田を使用
– 特注品対応可能

 

各種測定器
–E4990A (測定周波数範囲 20Hz~120MHz)


※HP4192Aもあります

材料・巻線仕様

製品例

    

<小型コイル1> <小型コイル2> <小型コイル3>
線材 : UEW1.0 線材 : PEW2.0 線材 : UEW0.6
巻き数 : 16T 巻き数 : 3T 巻き数 : 3T
内径 : 8mm 内径 : 8mm 内径 : 3mm
L値 : 789nH L値 : 75nH L値 : 34nH

 

 
      

<中型コイル> <大型コイル>
線材 : PEW1.5 線材 : 4φパイプ (1mm厚)
巻き数 : 13T 巻き数 : 11T
内径 : 14mm 内径 : 52mm
L値 : 1.26μH L値 : 3.4μH

 

ページ上部へ戻る