屋外情報端末用熱電冷却システム

屋外情報端末用熱電冷却システム

屋外情報端末に使われる冷却システムは、屋外の厳しい環境に対応可能な頑強性が求められます。
主な基準としては、湿度や塩水分噴霧への耐性を求められるNEMA4があります。
また、防水や埃対策、
さらには強風による雨水侵入対策、耐震性、耐食性が求められることもあります。
屋外情報端末の気密性を保ちつつ周囲環境より内部の温度を下げて電子機器を保護する必要がある時に、
熱電アッセンブリ(TEA)は一般的なコンプレッサー方式の冷却システムに代わるご使用上のメリットをご提供します。

 

LAIRD THERMAL SYSTEMSの「Outdoor Coolerシリーズ」は、冷風の循環により密閉筐体内部を冷却しつつ外部に熱を逃がすAir-to-Air方式の堅牢な熱電アッセンブリ(TEA)です。
この製品は24VDCまたは48VDCで開ループで動作し、冷風の循環により発熱部を冷却するコンパクトで信頼性の高い仕組みとなっております。冷却能力は100~240Wです。
筐体内部の熱は、熱電アッセンブリ(TEA)内部にある高密度なペルチェモジュールにより吸収され、FANの風により外部へ放出されます。
お客様の製品向けにカスタム設計された熱排出システムにより、高い冷却効率と消費電力の最小化を実現します。

マーケット/アプリケーション
・屋外通信設備
・屋外情報端末(屋外キオスク)
・屋外ディスプレイ
・軍事用通信キャビネット
・屋外UPSキャビネット

特徴
・同一ユニットで冷却と加温のどちらも可能(別売のコントローラーにより電極を反転させて切り替えます。)
・環境負荷の小さい堅牢な構造(コンプレッサーを使わないため、フロンガスを使用しません。)
・屋外通信システム向けにUL60950とUL50の取得が可能
・広範な温度範囲:-40℃~+55℃
・Telcordia(テレコーディア)規格準拠

OUTDOOR COOLERシリーズ製品一覧

型番 入力電圧 Qc Max

ΔT=0 ℃

ΔT Max

Qc=0 W

寸法(mm)
AA-100-24-44 24 V 102 W 45 ℃ 180 x 300 x 122
AA-100-48-44 48 V 102 W 45 ℃ 180 x 300 x 122
AA-150-24-44 24 V 143 W 35 ℃ 183 x 300 x 152
AA-150-48-44 48 V 143 W 35 ℃ 183 x 300 x 152
AA-200-24-44 24 V 193 W 45 ℃ 183 x 400 x 153
AA-200-48-44 48 V 193 W 45 ℃ 183 x 400 x 153
AA-230-24-D44 24 V 230 W 41 ℃ 183 x 400 x 180
AA-230-48-D44 48 V 230 W 41 ℃ 183 x 400 x 180
AA-250-24-44 24 V 244 W 44 ℃ 204 x 400 x 153
AA-250-48-44 48 V 244 W 44 ℃ 204 x 400 x 153
AA-480-24-44 24 V 480 W 37 ℃ 225.3 x 330 x 330
AA-480-48-44 48 V 480 W 37 ℃ 225.3 x 330 x 330
ページ上部へ戻る